少額債権の回収の流れ

債権回収の法的手段において、少額訴訟というものがあります。少額訴訟とは、通常の訴訟よりも非常に安価で、しかも簡単に行うことができ、たった一度の裁判を行うだけで判決がでるというもの。しかも、判決は通常の訴訟同様、強制力があります。しかし、名前を見てもわかるように、「少額」である六十万円以下の金銭支払いのみに限定される訴訟であり、内容証明郵便での催促で全く応じてこなかった相手でも、裁判所からの訴状であれば、プレッシャーを感じて連絡をとってくる可能性や、支払いに応じる可能性も出てきます。また、相手側が裁判に出頭しない場合は、債権者の勝訴になる可能性が高くなります。

少額訴訟は、基本的に一回で解決できる為、素早く終結できることが最大のメリットですが、その為には、その一回の裁判が終わるまでに資料や証人等を全て用意しなければいけません。また、少額訴訟を起こしても、相手側が反対した場合には、少額訴訟は行うことができません。このように、デメリットもありますので、比較的資料を簡単に揃えることができ、必要な証人も呼ぶことができる場合、加えて相手の同意も得られるのであれば、スピーディーな解決をはかることが可能となります。